照射をする

放射線治療で知っておくと良い事とは

放射線治療とは、いろいろな放射線を照射する事で、病気を安全に効果的に治す方法です。放射線は目に見えませんが、放射線を照射すると病気の部分が徐々に消滅していきます。また病気からくる症状を和らげる効果もあります。放射線治療は痛くも熱くもなく、なにも感じません。治療効果が高く、副作用が少ないように身体の必要な範囲に放射線を狙い撃ちします。放射線治療では、放射線腫瘍医や放射線技師、看護師などの専門スタッフが一つのチームとなり、患者をいろいろな面からサポートします。放射線腫瘍医は診察をして、検査結果にもとづいて他のスタッフ共に快適な放射線治療の方針を決定します。放射線技師は患者さんに正確に放射線を当てる大切な役割を担います。

放射線の治療に工夫をする事で得られるメリット

放射線治療は、放射線腫瘍医がどのような放射線を工夫して当てるのか診断する事によって総合的に判断します。そして治療の予定や期待される効果、起こりうる副作用について詳しく説明します。この放射線治療計画は患者さんによって様々な工夫がされ、その人に対して最も良いものを選びます。CTなどのX線装置を使って放射線を当てる位置や範囲を決定します。この時に身体にマジックなどを使って印をつけます。これは放射線治療を行う為に工夫された、とても大切なものになりますので、治療が終わるまで消さないようにします。頭や首を治療するためには、できるだけ正確に放射線を当てるため、シェルやマスクと呼ばれる、お面のような固定具を装着する工夫もされています。これらの工夫をする事によって放射線を正確に照射する事が出来るメリットがあります。